布袋劇人形写真集とビジュアルファンブック◇Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀

DIARY

予約していた【Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2 公式ビジュアルファンブック】が届きました。

201901_232

(テーブルの下からの視線が気になりますが…!)

A4サイズ、カラー印刷、52ページ。
目次や一問一答形式の文章のみのページもありますが、ほぼフルカラー。
(映画や舞台のパンフレットのような冊子です。)

201901_234

キャラクターデザイン画や文章の説明は、公式サイトのキャラクターページの内容とほぼ同じで、通り名や念白の原文と意訳も掲載されてます。

外部リンク:Character-Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2

公式サイトに掲載されているキャラクターを中心に、武器の紹介が加わってます。
(凜雪鴉(リンセツア、6ページ)、殤不患(ショウフカン、6ページ)、浪巫謠(ロウフヨウ、6ページ)、聆牙(リョウガ、喪月之夜(モヅキノヨ)と合わせて2ページ)、蠍瓔珞(カツエイラク、荼蘼螫(ダビセキ)と合わせて6ページ)、 嘯狂狷(ショウキョウケン、冰焰不測(ヒョウエンフソク)と合わせて6ページ)、諦空(テイクウ、6ページ)、婁震戒(ロウシンカイ、七殺天凌(ナナサツテンリョウ)と合わせて6ページ))

人形紹介は、左面、右面、背面などもあり、各6、7カット+デザイン画。
巻末は、一問一答形式で【Thunderbolt Fantasy Project】に関するQ&A が掲載されています(5ページ)。

第2期のファンブックには本編紹介はなく、本編の内容紹介(各話2ページずつ写真付き)があった第1期の布袋劇人形写真集(96ページ)と比べると、厚みは約半分。

201901_236

本編紹介はないですが、細部まで作り込まれた人形をじっくり見ることができて大満足!
第一期の衣装と見比べるのも面白いです!

201901_240

第1期の写真集の方が重厚感があり、裏表紙も豪華です。

201901_241

ですが、、、

201901_239

汚れも気にせずに読めて、内容が充実しているのは、Kindle で購入したコチラ!

【ひとくちFebri】Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 (一迅社ブックス)

製作背景など、作品の裏側を知るには情報誌が面白いですね。
とはいえ、人形の美しさを見るにはやはり写真集がいいです。

201901_233

美しいモノは見ているだけで感じることが多い。

201901_238

Glacial Owl 。
布袋劇人形は美術品だな、と、改めて感じてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました